2022 2nd 準備と確認の川下り

2022.05.19( Thu ) 多摩川 御岳・発電所 → 河辺・グラウンド ( 15.4km )
晴れ(青梅 max 26.8℃) 水位:調布橋 -2.99 → -2.95

※調布橋水位は、2019年の台風19号の影響で、以前より40~50cm低い値を示します。


index

  1. 川下りレポート
  2. 今日の沈
  3. 今日の危険個所
  4. データ

川下りレポート


大事なことは面倒くさがらずにきちんと準備をして確認をしないといけません。

日常生活においてもそうですが、川下りなど自然相手の活動となると尚さら大切です。

今回はそういうレポートです。


今年2回目のカヌーは、やっぱり多摩川でした。

2020年の8月から足掛け3年。19回連続で多摩川。

どんだけ好きやねん!というか他に行くとこないんかい!

せめて10回に1回くらいは長瀞とか行かないと・・・。


それで、今回の相棒は2019年に四万十川で知り合ったOさん。

コースは御嶽の発電所から河辺までの15.4km。

スタート時に確認した調布橋水位は-2.99(その後-2.95まで上昇)。

水位低いです。かなり低い。


10時に河辺で待ち合わせて、Oさんの車で御岳へ向かいます。

出発してすぐの事でした。

私  :「あ!パドジャケ車に忘れました!」

Oさん:「取りに帰りますか?」

まだ1キロ走ったかどうかというところだったのですが、

「いいです。今日は暑そうだから。」

そう、その時は暑かったんです。そして、天気予報もたしか27℃の予想。

その予報もほぼ当たりはしました。

ただ、最高気温というのはその日一番高い気温という事なので、最高気温が高いからと言って一日を通して暑いとは限りません。

御岳・発電所放水口

鵜ノ瀬橋の少し上流

鵜ノ瀬橋の少し上流

沢井の瀞場

ミソギの瀬

軍畑大橋の上流

軍畑大橋の下流

軍畑大橋の下流:Oさん撮影

喜久松苑の辺り:Oさん撮影

喜久松苑の川原

テニスコートの川原


スタートは11:20。

平日だけあってコマーシャルラフトの姿は見えず、カヤックも殆どいません。

一方で釣り師さんは普段より気持ち多め。

天気が良くて超気持ちいい。

前回漕いだのが5月4日のスターウォーズの日なので2週間しか経っていないのですが、緑が断然濃くなっています。


漕ぐ毎に 緑濃くなる 多摩川の 御岳の山に いでし月かも   仲麿


昼食は好文橋。

真夏じゃないし大丈夫かなとも思ったのですが、一応艇の空気を少し抜きます。

備えあれば憂いなし

12:35に到着して再スタートは14:00。

ランチタイムはおよそ1時間半。スペイン人になった様で気持ちいい。


さて、艇の空気を抜いたので、スタートするにあたって入れ増ししないといけません。

でもめんどい。

ここから下流はぶんにょり下るだけですからまあ、パンパンでなくてもいいだろう。

そう思って空気はそのままスタートします。

でも、今日はスーパー低水位。

浮力を失ったバンディットの喫水は下がり、余分に船底を擦ります。

さらにリスタートした頃から空は雲に覆われ微妙に涼しい。

余計にチューブの張りがなくなります。

涼しいというか、むしろかなり涼しい。

そしてこの日の水温は14℃。

まだ何か所か残っている水を被る瀬に突入するたびに「ぴえん」状態。

ゆったり・のんびり・まったりという感じがどこかへ行ってしまいました。

好文橋の川原

万年橋の上流

万年橋の下流

調布橋の下流


15:40 ゴール。


大して手間のかからない事はやっておくべきだと思った一日でした。


そして、発電所に戻って駐車場でOさんの荷物と艇を積み替えます。

「お疲れ様でしたー!!」

車を走らせていると、万年橋のあたりで「そういえば積み替え漏れの指差し確認しなかったな」

ラッキーなことにそれに気づいたんです。まだOさんは近くにいる筈です。

「どこかに車を停めて一応確認するかー。」

そう思ったんです。

思ったんですが、

「止めるのメンドイな。まあたぶん忘れ物はないだろう。」

しかし、帰宅したらしっかりOさんの洗濯物の詰まったバッグがトランクに残されていたのでありました。

そして、漕いだ後の今日の縁台。

御殿場産の絹ごし豆腐に栃木産のおろし生しょうが。
アペリティフはハートランド。

久々に飲むハートランドビールは旨かった。


Oさん一日ありがとうございました。( 次回、持っていくの忘れないようにしないと!)



今日の沈

立て沈を過ぎたところで振り返ると、Oさんのスパッツが流れに対して横向きになっていました。

みるみる内に船底が姿を見せ始め、一瞬後にはひっくり返っておられました。

ほほぅ。

多摩川の神様はOさんが大好きなんですね。

どんぶらこと流されるOさんと艇。

立て沈を下流から

今日のその時


今日の注意箇所

三本堤の先の右岸。護岸崩落

右に寄りすぎない方がいいでしょう。

三本堤の先の右岸


神代橋下流のコンクリート塊

鉄筋は切断・除去されていますが、コンクリートと一体化した鉄骨は残っていますので、注意する必要があります。

神代橋下流のコンクリート塊(昨年事故のあったところ)


柳淵橋から少し下ったところ

柳淵橋から少し下ったところ


調布橋の手前右岸(蛇篭の鉄線注意)(振り返って撮影)

ここはですね、調布橋の手前です。
岸に蛇篭が並べられていて、鉄線が出ていますので近寄るべからずです。

調布橋の手前右岸(蛇篭の鉄線注意)(振り返って撮影)

Data

■河川 :多摩川
■コース:御岳・発電所 → 河辺・市民グラウンド ( 15.4km )
■用艇:NRS バンディット1
■メンバー:Oさん
■天気:晴れのち曇り
■釣師:少し、気持ち多かった。
■水位:かなり低め
 水分水質データベースによると調布橋水位は、-2.99 → -2.95。
 ※調布橋水位は、2019年の台風19号以降、以前よりも水位が低めに出ています。
 40~50cmくらいプラスしてお考え下さい。

■水質:結構澄んでいました。いい感じ。
■水温:14℃ ( 好文橋 13:59頃 )
■気温(青梅):気象庁によると最高気温:26.8℃。

■スタート地点駐車場:御岳・苑地駐車場(有料)
■ゴ ー ル地点駐車場:河辺・市民球技場の柳駐車場(無料)
■タクシー:-
■電車:-
■バス:-

■昼食:おにぎりとコーヒー
■服装:半ズボンのネオプレーン + 化繊の短パン 、化繊のTシャツ2枚

■旅程。2023.05.19
  --:--  出発
  --:--  河辺グラウンド着
  --:--  御岳苑地駐車場
  --:--  放水口川原
   11:20 ( 0:00 -  0.0Km) スタート
   --:-- ( -:-- -  0.5Km) 御岳橋
   --:-- ( -:-- -  0.6Km) 御岳小橋
   --:-- ( -:-- -  1.4Km) 鵜の瀬橋
   --:-- ( -:-- -  1.9Km) 楓橋
   --:-- ( -:-- -  3.1Km) 軍畑大橋
   --:-- ( -:-- -  3.8km) 喜久松苑
   --:-- ( -:-- -  4.5Km) 奥多摩橋
   --:-- ( -:-- -  4.9km) テニスコート着
   好文橋にて休憩 ( 90分くらい 12:35 - 14:00 )
   --:-- ( -:-- -  5.7Km) 好文橋
   --:-- ( -:-- -  6.9Km) 神代橋
   --:-- ( -:-- -  7.9Km) 和田橋
   --:-- ( -:-- - 10.2Km) 万年橋
   --:-- ( -:-- - 11.0Km) 柳淵橋
   --:-- ( -:-- - 11.5Km) 鮎美橋
   --:-- ( -:-- - 12.5Km) 調布橋
   --:-- ( -:-- - 13.3Km) 下奥多摩橋
   15:40 ( 4:20 - 15.4Km) 河辺グラウンド

※距離はキョリ測にて測定しました。時間は写真のタイムスタンプなどから適当に調整。
★2020年度より、距離を修正しました。


(2022.05.22 up)
修正履歴: