☆艇の紹介☆          
いつの間にか、保有艇が4艇になりました。
ボチボチと情報を充実させていきたいと思います。




フジタカヌーアルピナ430
一号艇。
今は芝浦に移転したミナミスポーツで買った。
本体+ザックと、パドル×2、PFD×2、コーミングカバー、スプレースカート×2(しょぼいやつ)がついて、
20万円くらい。今にして思えば高い。

なんといってもファルトボートは男のロマンである。
2002年〜2004年前半に掛けて14回出艇。
江戸川、渡良瀬川・利根川・江戸川、多摩川、荒川、那珂川を下った。

が、組み立て・撤収に時間がかかる上、多摩川上流では、岩にあたったり、底をすったりで、
川下りのたびに、船体布の補修や、アルミパイプの交換を強いられた。

交換部品は、毎回フジタカヌーから直接取り寄せたが、フジタカヌーの部品供給は迅速で申し分なかった。
ただ、毎回では費用もかさむ。


2004年途中より、ヘリオス、スターンズの購入で出番が無くなった。
2007.07.16現在、14回、102.8kmを漕下。
いずれ四万十川をこれで下りたい。・・・



グモテックス ヘリオス380
二号艇。
2004年、川下りの度に損傷するアルピナ430に疲れて購入。
当時神田にあったミナミスポーツにて、\44,800。(ポンプ、リュック付き)
以後、主力艇となり、多摩川、那賀川、気田川を下る。
2007.07.16現在、23回、172.7kmを漕下。



デメリット
 ★セルフベイラーが無い為、瀬の度に水舟になること。
 ★剛性に乏しく、瀬では艇が折れ曲がり気味になること。
 ★二重構造では無いので、穴が開いたらそれまでかなという不安がある事。
メリット
 ☆安いこと。
 ☆ロールができること。

一番のオススメ艇。





ネットを探せばもっと安いのも見つかると思いますが。

【ナチュラム】
GUMOTEX(グモテックス) カヤックヘリオスEX380 ブルーxイエロー icon
【ナチュラム】
GUMOTEX(グモテックス) カヤックヘリオスEX380/フットポンプセット グリーンxイエロー icon
iconicon iconicon



スターンズ IK140
三号艇。
ヘリオス購入後、家族で下るのにアルピナを出していたが、ファルト+ヘリオスのセットアップに疲れ購入。
これも当時神田のミナミスポーツにて、\65,800

葉っぱの様な形状で、余りに安定感があるため、スリルが味わえない。
引っかかったり乗り上げたりしない限り沈はしない。
安定感がありすぎて、溜まった水を抜くのにひっくり返すのも一苦労。

二重構造なので、安心感はある。
また、同一の殻内に気室が2つあり、通常は50%50%にエアーを入れるが、
一方に穴が開いたときは、もう一方に100%エアーを入れることで航行できるらしい。
冗長性があり、剛性も強い。
セルフベイラーは無いので、やはり水舟になる。

結局、2艇使用の時か、不安のあるときのみしか出番がない。

今の所、多摩川のみ。
2007.07.16現在、8回、55.6kmを漕下。



↓IK140は既にモデルチェンジされた様です。
スピリーツーという後継機が出ています。
STEARNS(スターンズ) スピリー ツー icon
iconicon




グモテックス ジュニア
いつまでも上の娘が前席ではつまらないだろうと購入。
この艇のみ通販で購入。\36,750

とにかく、コンパクト。
収納時の容積は小さく、背負うのではなくショルダーバッグの様に肩にかける。
値段もそこそこでコストパフォーマンスは高い。

多摩川、気田川を下る。
2007.07.16現在、5回、37.7kmを漕下。




楽天でひとつ見つけました



★注意事項:このページに記載の情報はあくまでも筆者の主観によるものです。記載内容に関して、筆者はなんら責任を負いかねます。

2006.09.23up

CANOE TOP    HOME



Copyright(C) 2006 Umi Yamakawa all rights reserved.