★Canoe Gear★ 川下り装備          
川下りのときの道具を紹介します。

エマージェンシー ウォータプルーフ 防水単眼鏡 デジカメ

防水単眼鏡


防水の単眼鏡です。
tascoのSAFARI M728。
さんざん探しましたし、結構いい値段しました。
普段のアウトドアでは、ホームセンターで買った小さな\1,500位の単眼鏡を愛用していますが、防水ではありません。
防水の双眼鏡はたくさん出回っていますが、単眼鏡となると見当たりません。
川くだりの時は、出来るだけ軽装備の方がいいし、取り出してから目標を捕らえる時間が短い方がいいので、
双眼鏡より単眼鏡の方が適していると思い、購入しました。(寒くなってから買ったのでまだ使っていません。)

ビックカメラやヨドバシカメラに行ってもおいていないし、店員に聞いても知らないという。
結局、ミリタリーグッズを扱うネットショップで購入。\13,000以上しました。

ミリタリーだけあって、ミルスケールが入っています。(視野に目盛りが入っています。)

(2007.02.04)



2007.06.17追記

 結局、2回目の川くだりではかなくも流失しました。
以下、使用2回での感想になります。
カヌーでの川下りの場合、目の高さは水面から1メートルありません。
従って、進路前方の水面に気になる物を発見したとしても、中々立体的に捉えることが出来ません。
その意味で、双眼鏡の方が良いのかも知れません。
鳥を見るなど、正体の分かっているものを見るには問題はない様に思えます。
 また、ミルスケールが入っていますが、その所為で視野の上下左右が気になってしまいます。
川くだりの前は、片手でのピント合わせが出来るか気になっていましたが、
結局、ピント合わせには多少左手も使いました。
片手しか使えない状況下では、そもそも単眼鏡を覗いたりしないという事でしょうか。
 さて、同じものをまた買うか、双眼鏡にするか、ちょっと考えてしまいます。




防水単眼鏡 tasco SAFARI M728

2008.02.10 追記
結局、またM728を購入しました。
7月に注文して、入手したのは10月。随分品薄です。

さて、Blogのアクセスログを見ると、
"防水単眼鏡"の検索結果ページからの訪問者が結構多いので、
もう少し写真なども含めて紹介することにしました。

ちなみに、
yahooで『"防水単眼鏡"』で検索すると、海部郡山川町が、
googleだと
blog海部郡山川町が、一番目に出てきます。
(2008.02.10現在)




左:ゴム見口を延ばすしたところ。
右:ゴム見口を全部折り返したところ。


ケースに格納したところ。
ベルトに通せるようになっている。


ストラップは付属していませんが、通すところはあります。
家にあったストラップを付けたところ。





試しに洗面所で水に浸けてみました。
内部への浸水はありませんが、ピントの調整をする可動部分に水が入って抜けにくいのか、
ピントの調整をするとキュッキュッと音がします。



ミルスケール。
慣れると便利かもしれませんが、
きちんと上を向いてないと気になってしまいます。


2008.08.07追記
楽天とyahooショッピングにも出ていました。

2010.07.03リンク修正

楽天市場      yahoo
スターアイ
ホームショッピング
M-Factory
ルイアンヌ



★注意事項:このページに記載の情報はあくまでも筆者の主観によるものです。記載内容に関して、筆者はなんら責任を負いかねます。


CANOE TOP    HOME



Copyright(C) 2006 - 2008 Umi Yamakawa all rights reserved.


アウトドア&フィッシング ナチュラム